Category Archives: ウォーターサーバー

ウォーターサーバーランキング

ウォーターサーバーランキング

ウォーターサーバーの有名ブランドといえば、多くの人はヨーロッパ産の銘柄をあげるだろう。フランスやイタリアなどでは古くから飲まれ、世界中に知られている商品が多数ある。

フランスの「エビアン」もその一つで、世界の一〇〇ヶ国以上に輸出されているフランスが誇る世界的ブラッドで、日本でも愛飲している人が多い。フランスとスイス国境にあるレマン湖、その南側の湖畔にある高級リゾート地、エビアン・レ・バンの町の近くに湧く「カシヤの泉」が「エビアン」の水源になっている。ここはヨーロッパ大陸の最高峰モンブランをはじめ、四千、三千メートル級の山々がそびえ立つシャモニの麓にあり、山系に降り積った雪解け水が、長い年月をかけて地層のフィルターでろ過され湧き出したものといわれている。

泉が発見されたのは一八世紀の初めで、一九世紀になってボトルに詰めて売られるようになった。今ではエビアン社の近代的な工場が建てられ、採水した水をろ過し、びん詰めして世界に送り出している。地下水脈が汚染されないように、水脈上には住居や畑、農場をつくらないよう、厳しく制限されている。

「エビアン」と同様、世界的に知られるブランドとして「ペリエ」があるが、これは南フランスの「ヴェルジェーズの泉」が水源。この泉は中世から地元の人から病気を治す力があると信じられ、愛飲されていたものだが、ガスを豊富に含む爽快な喉ごしと、個性のあるびんのデザインが人気を呼び、世界中で飲まれるようになった。

この水は約一億四〇〇〇万年前、約五〇〇〇メートルの地下で地殻変動が起こり、このときできた断層や亀裂によって地下水とガスが混ざり合い、そのガスを含んだ水が幾層もの地層を通って浄化され、地上に湧き出したものといわれている。このようにしてヨーロッパのミネラルウォーターは、その水が生まれた成因や地層、地質などに際立った特徴があり、その成分や味もさまざまで、独特の味わいのあるものが多い。

Leave a Comment

Filed under ウォーターサーバー

ミネラルウォーターの正しい飲み方

水とのつきあい方を見直そうあなたは、毎日水をどのように飲んでいますか? おそらく、気のむくまま、気分次第で好きなように飲んでいる、という人がほとんどなのではないかと思います。

よく観察してみると私たちはけっこう間違った水の飲み方をしています。たとえば、真夏の暑い日に水をガブ飲みして体調を崩してしまう、これは誰でも経験のあることでしょう。また「水を飲むと太る」と思って、ダイエットの時に水を飲まないという人もいると思います。

中には汗をかいたりトイレに行くのが恥ずかしいからと、普段から水を飲まない習慣をつけてしまった人もいるのではないでしょうか。何度も説明したように、私たちは体の60パーセントが水でできている生物。それなのに一番大切なパートナーである水とのつきあい方がとても下手です。

どうしたわけか美容と健康に関心の高い女性ほど、水について多くのことを誤解しています。美しくなりたい人は、化粧水や美容液などには高い関心と知識を持っています。しかし本当に自分の肌を美しく保ちたいのなら、皮膚の表面ばかりをいくらケアしても、それだけでは十分とはいえません。

なぜなら、皮膚の角質層とその下の真皮の間にはバリアー・ゾーンがあって、外側からいくら水分補給をしてもそれは真皮には届かないからです。肌の内側の水分は、飲み水から補給しなくてはいけないのです。しかし、コスメにお金をかけているという女性は多くても、飲み水に対して投資をしている大はまだまだ少数派なのではないでしょうか。

「スーパーモデルがミネラルウォーターを飲んでいる」という話には関心があっても、実際に彼女たちがどのくらいの量の水をどのように飲んでいるかについては、ほとんど知られていないと思います。ここでは。きれいになるための水の正しい飲み方”について説明します。水には、その人の目的や体調に合った、正しい量と飲むタイミングというものがあるのです。それを知れば、高価なミネラルウォーターを効果的、かつ経済的に使いこなすことができます。

そして何より大切なのは、それを続けることです。飲み水は人間の体内で約1ヵ月をかけて循環しますから、最低でも1ヵ月は続けないと、美容や健康への効果は期待できないと考えて下さい。

Leave a Comment

Filed under ウォーターサーバー

体にいい水ってどんな水?

体にいい水とは

ウォーターサーバー、ミネラルウォーター、水道水、そして浄水器を通した水について、その特徴や性質を説明してきました。それでは、これらの中で、私たちが日常的に飮む水としては、いったいどれが。体にいい水”なのでしょうか。これまでの説明で挙げてきた”体にいい水の条件”を整理すると、以下のようになります。

①天然の地下水であること。
②健康に好適なミネラルをバランスよく含んでいること。
③人体に有害な化学物質や、病原菌を含んでいないこと。
④ペーハーI値が極端に高かったり、低かったりしないこと。
⑤人工的な処理がされていない、地下から汲み上げたままの水であること。

水は体の中で消化、排泄、栄養の運搬といった重要な役割を持ち、約1ヵ月をかけて体内のあらゆる場所を駆け巡り、循環します。その点において、体内の機能調節に役立つカルシウムやマ。グネシウム、カリウムといったミネラルをバランスよく含む水は“体が求めている水”ということができます。また人間は体内のペーハーI値を一定に保つことで健康を維持していますから、ペーハー値が人間の血液に近いph7・I?8・Oの弱アルカリ性の水は”体にやさしい水”といえるでしょう。

そして水には物質を溶かすという性質がありますから、発ガン性が認められているトリハロメタンのような有機塩素化合物、トリクロロエチレンなどの有機塩素系溶剤、そしてクロルニトロフェンといった農薬類さえも溶かし込んでしまいます。こうした人体にとって有害な化学物質を含んだ水、あるいは含んでいる可能性のある水は、当然のことながら飲むべきではありません。

これらの条件をクリアするという意味で、水道水や浄水器を通した水より、ミネラルウォータ、それも〈ナチュラルミネラルウォーター〉に分類される水の方が、より理想に近い水であるということができます。

ただし同じ〈ナチュラルミネラルウォーター〉でもミネラルの量とバランスはその水によってまちまちですから、その中で、より自分にふさわしい水を選ぶ必要があります。

Leave a Comment

Filed under ウォーターサーバー